万物流転(株式日記)「第12通 ネクストジェン放出 他」

万物流転(株式日記)

週末にアステリアの決算動画なども見ながら色々と検討した結果、持ち株をいくつか入れ替えることにし、本日決行しました。

その過程の中でオリックスを一旦利確して、また買いなおすなど、無駄な売買もしてしまいましたが、結果的にセグエグループ、アルプスアルパイン、ネクストジェンを手放し、日本電気硝子100株(買値1627円)、ソリトンシステムズ100株(買値1354円)、コニカミノルタ100株(買値375.3円)、アステリア100株買増(買値494.9円)を新たに購入しました。

簡単にそれぞれ買った理由を書くと、日本電気硝子はやはり過去の月足チャートからも今は安値であり、もともと2000円~3000円帯の株で、配当も今後の修正は予想されますが、1株100円という高配当銘柄なので、配当の権利を得るまで保有するかは別として、値戻しや5G銘柄としての期待から再購入しました。

ソリトンシステムズは、前にも保有していた銘柄で、おそらく利確した時よりも高値かもしれませんが、テレワーク、教育ICT、5G、映像配信、遠隔操作など、コロナ時代に伸びると思われる多くの事業を手掛けていることから、割高でもJストリームのように上昇していく可能性を秘めていると感じ、再購入しました。

アステリアは、前期の決算は赤字でしたが、アステリア単体の決算で見てると大幅黒字であり、完全にグループ会社が足を引っ張った感じですが、決算動画の中で「これ以上悪くなることはない」といったような発言があったほか、数年前から保有している愛着のある会社でもあるので、その言葉を信じて買い増しすることにしました。

コニカミノルタは4万円ほど資金が余ったため、そうした中で監視している銘柄から買える銘柄を簡単にチェックした結果、5月22日に非接触・リアルタイムで体温測定をすることが可能なアプリケーションの提供を開始するというニュースが出ていたほか、本日もキヤノンメディカルシステムズと国内産婦人科向けの超音波診断装置の販売事業で協業するというニュースも出ていたので、また買ってみることにしました。

先日、手放したキヤノンと同様に、今後決して未来が明るいとはいえないだろう事業(複合機)が柱ではありますが、株価が300円台なので、ここから下がったとしても限定的で、復活への期待を込め、もう一度再購入しました。

逆に3銘柄を手放した理由に関しては、日本電気硝子とソリトンシステムズを買うための資金を調達するためではあったのですが、アルプスアルパインは、日立オムロンターミナルソリューションズが同じように非接触のタッチパネルソリューションを一足早い今年の10月から展開するというニュースを知り、ライバルが登場したために手放しました。

また、ネクストジェンについてはローカル5G銘柄の本命の一つでもあったので、かなり迷いましたが、ここ最近は持っていてもあまりワクワク感がなく、3月中旬のコロナショックの時には一時1200円前後まで大幅に値下がりしていました。

コロナがなければ保有していても良かったのですが、これまで2000円~3000円台で推移していた株が1000円台まで下落している状況を考慮すると、業績のよくないネクストジェンで上を目指すよりも、コロナの懸念が払拭すれば上昇する可能性が高い優良株を買った方がいいだろうと判断しました。もちろん、ネクストジェンは超軽量株なので、ニュース一つで一気にストップ高になることも考えられますが、なかなか値動きが激しい銘柄でもあるので、少し疲れました(笑)

結局、ネクストジェンは「1500円台(100株)で購入」→「税金2万ほど払って2700円台(100株)で利確」→「2700円台(100株)でNISAで再購入」→「1700円台(100株)で売却」という感じで、NISAに買い替えてしまった分、税金も帰ってこず、結局、プラスマイナスゼロで手放す結果となりました(笑)。

コロナショックにも耐え、損をしなかっただけ良しとはしますが、高値圏の株をNISA枠で買うべきではないということを学びました(笑)。ただ、これで見かけ上の含み損も一気になくなったので、気分は明るくなります。

やはり含み損があると、いくら利確してもただそれを取り戻しているだけに過ぎず、また、利確するとその分の含み益が減少し、当然その分の含み損が拡大することになるので、利確してもいつまで経っても含み損が解消されず、私としてはあまりいい気分ではありませんでした。

あとは私のルール上、常に含み損はマイナスで計上するという方針であるため、今年の運用成績も昨年からの含み損(-1.6万円)を持ち越し、-1.6万円からスタートしている状況でありました。もちろん、今後、他の保有株が暴落して、また含み損に転落することもありえますが、ネクストジェンだけで見かけ上とはいえ、-10万円ほどの含み損となっていたので、それがなくなり、すっきりしています。

さて、毎日売買するのも疲れてきたので、とりあえず、今の保有株で少し様子を見ようかなと思っていますが、いつものように決めつけることはせずに、これまで通り、臨機応変に運用していければと思っています。


 
タイトルとURLをコピーしました