万物流転(株式日記)「第33通 再びファーマフーズをナンピン 他」

万物流転(株式日記)

約1,356円にまで取得価格を下げ、放置すると書いていた特定口座で保有中のファーマフーズ100株ですが、その後、値動きが弱く、本日に至っては1,200円台をどんどん掘ってくるという状況だったので、再びナンピン作戦を実行することにし、1,253円で100株買い増ししました。

これにより、NISA枠と同様、特定口座側も200株の保有となり、平均取得株価は一気に1,305円にまで下がりました。なお、100株買い増しして以降も、一時的に1,220円台にまで下落する場面もありましたが、後場になってから大きな買いがちょこちょこと入り、平均取得株価を超える1,306円まで上昇するなど、一気に値を戻し、最終的には1,290円で引けました。

ここまで戻ってくれれば、また前と同じように夜間取引でも十分に売却できるチャンスが出てきますが、8月1日からはファーマフーズにとって新しい年度でもあり、近いうちに何かしらのニュースが出ても不思議ではないとも思っているので、今回はそのまま保有していてもいいかなとも思っています。

さて、ファーマフーズ以外の銘柄も昨日の夜間取引から色々と売買しました。まず、昨日、最終的にナンピン作戦をとった天昇電気ですが、その夜間取引で、終値よりも10円ほど高い値だったにも関わらず、誰かが買ってくれて、合わせて金銭で120円ではありますが、プラスで手放すことができ、脱出に成功しました。

また、518円で200株持っているアステリアも昨日の夜間取引で529円で100株手放した後、本日の日中の取引で514円で拾い直し、金銭でプラス約1,200円となりました。その他、エスユーエスと昨日の夜間取引で購入していたツバキ・ナカシマも本日、わずかながらのプラスで利確することができましたが、その一方でその夜間取引で買っていたコニカミノルタは、日経平均の上昇にはついていかず、思ったような値動でなかったため、損切りしました。

ただ、最終的には約+2,000円の売買差益を得ることができたので、来週につながるトレードができたかなと思っています。

世界では第二波ともいえるような状況もみられ、アメリカのテキサス州では再び経済活動を停止するなど、株価の急落にも警戒しなければならない状況のため、どうしても細かい売買になりがちではありますが、コロナの状況がよくなるまでは、こんな感じで粘りながらコツコツとプラスを積み重ねていきたいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました