万物流転(株式日記)「第59通 カレンダー狙いでコニカミノルタ再イン(笑) 他」

万物流転(株式日記)

本日ですが、証券口座に残していた10万円でコニカミノルタ100株(買値345円)、CEホールディングス100株(買値498円)、さらにウェッジHDを薄利で利確し、理経を100株(買値188円)追加購入しました。残りの1万円は昨日の利確の追加分として銀行口座に送金しました。

ウェッジHDは本日決算だったのですが、親会社の昭和HDとともにまずまずだったようで、夜間取引でも数円程度、上昇しているようです。そのまま放置でも良かったのですが、材料の豊富さでいえば理経なのと、だいぶ理経は過去と比較すると、信用買い残が減少してきているので、そろそろ再び定位置の200円台に戻る動きを見せてもいいのではと思いました。

コニカミノルタは、前回利確したときよりも30円ほど高い値で再インとなっていますが、正直、値上がり期待というよりも株主優待のカレンダー狙いです(笑)。カレンダーがもらえる権利が得られるのは来月末なので、あと1ヶ月半ほどですが、仮に下がったとしても時価総額や発行株式済み総数を考えると、200円台後半で止まるのではと思っています。また、この前、大谷がエンゼルスの本拠地で第4号のホームランを打った時にもコニカミノルタの看板が映ったように、まだ看板を出す余裕もありますし、このままコニカミノルタが終わるとは思っていないので、復活への期待も込め、中長期視点での購入といった感じです。

CEホールディングスは、ここも来月末にクオカード1,000円分(廃止にならなければ)がもらえる権利が得られるのと、道産子銘柄(私が道産子であるため)であること、あとは将来的な電子カルテの普及を見越して買いました。短期的にはコロナで多くの病院の経営が厳しい状況にあるので、あまり期待はしていませんが、今年6月にはここのグループ会社が開発支援を行った人工知能(AI)搭載のプログラム医療機器が、「新型コロナウイルス感染症に関連した肺画像解析プログラム」として日本初の承認を得るというニュースも出ています。

今回はこんな感じで、理経以外は値上がりを狙うというよりも、株主優待も絡めて購入したという感じです。もちろん、上昇してくれることにも期待はしていますが、株は趣味なので、趣味らしく優待狙いで買ってみました(笑)。

最後に本日は保有株の一つである半導体関連のフェローテックホールディングスの決算がありました。ここは既に先日減損処理で、中間決算の最終損益が0という発表が出ていたので、全く期待はしていませんでしたが、未定だった通期の業績予想が出され、売上高、営利、経常は前期を上回り、最終損益も15億の黒字、配当も前期と変わらず通期では24円という感じでした。さらに中国の子会社が中国市場に上場する準備に入るというIRも出され、夜間取引では上昇中です。

フェローテックは完全に中国に力を入れている企業のため、米中の貿易戦争が悪化した際の影響が懸念はされますが、前にも書いた通り、たとえ悪化しようが、中国国内では半導体が必要な事実は変わらないですし、そもそも時価総額が本日の終値で260億前後なので、さほど下値リスクはないと思っています。3,000円近くまで上昇した2018年1月頃のような値動きまでは期待していませんが、また以前のように1,000円から1,500円ぐらいの間で推移してくれる時代が来ることに期待をしています。

タイトルとURLをコピーしました