万物流転(株式日記)「第76通 ファーマフーズ決算跨ぎでデイトレード 他」

万物流転(株式日記)

前回の日記で、私にとって今年の運用成績を左右する大一番になると書いていたファーマフーズの決算ですが、本日の引け後にその発表がありました。

抱き合わせのIRは出ませんでしたが、今期の業績予想は、売上高が対前期比52.1%増の約233億円、営業利益が57.7%増の約11.66億円、経常利益が54.5%増の約12.19億円、当期純利益が18%増の8.15億円でした。

中間予想については、いつも通りの大赤字ですが、売上高が対前期比95.4%増の約126億円というものすごい数字を出してきました。よくM&Aで一気に売上高が増えることはありますが、M&Aなしでここまで売上高が伸びると予想できるのは、すごいの一言です。しかも、もともとファーマフーズは保守的に決算を予想するので、さらなる伸びも期待ができます。

今後の株価については、信用買い残があまりにも多いので、上値が重い展開も考えられますが、少なくともこれで大幅下落することはないだろうと思っています。

ちなみに本日ですが、実はザラ場でファーマフーズの株価が大きく値を下げてきていたので、大きく値を上げていたバルクホールディングス(200株保有のうちの100株)、金曜日に買ったばかりのエスユーエスらを利確し、その資金で100株(買値1,149円)買い増しして、500株で決算を跨ぐことにしました。

バルクホールディングスの株価が上昇していた理由は、実は今もまだ確認していません。完全にファーマフーズを買い増すことがターゲットであったので、値動きだけみて売却しました。ただ、200円台の株で数千円の利益を得るというのは、私が理想とする低リスク高利回りリターン取引ではあるので、狙い通りに利益を得られたことには満足しています。一応、後ほどチェックし、必要であれば、明日にでもその100株は買い戻そうかなとも思っています。

100株買い増ししたファーマフーズに関しては、引け後のPTSでさっそく上昇していたので、約1,289円で利確しました。もちろん、さらに上昇する可能性もありますが、先ほども書いたように信用買い残が多い上に、中間決算では大赤字です。そういったこともあり、この100株については、急遽購入を決めた分でもあるので、決算跨ぎのデイトレードで手堅く取引を完結することにしました。また、数円ですが、平均取得株価を下げることもできましたので、前回同様に大きな役割を果たしてくれたと思っています。

この利確した資金をどうするかは、現在検討中ですが、ツバキ・ナカシマがやはり気になっています。本日は自動車関連の株が上昇している感じでしたが、3日前にアメリカの世界最大級の資産運用会社であるブラックロックが、同社の株を5.44%保有していることが大量保有報告書にて発表されています。

私がここまでツバキ・ナカシマを気になってしまう理由の一つが2016年から2019年の営業利益率の高さにあり、自動車産業を含めた製造業が正常化した場合には、再びそれに近い業績を残せるのではと思えてならないからです。そう考えると、今の3桁は割安ですし、やはり保有しておきたいという気持ちが生まれてきます。

今回、ブラックロックが大量保有した理由はもちろん分かりませんが、過去の経験からブラックロックが大量保有した銘柄は、その後に上昇することも多々あるので、もしかしたら、今後、上昇するきっかけになるのかもと思っています。ただ、本日、既に数十円上昇してしまっているので、大事に資金を回すのであれば、他の銘柄のほうが確実ではあるため、少し考えてみようと思います。

なお、これまでは利確して得た差益分は、全額貯蓄口座へ出金してきましたが、今回のファーマフーズの差益分からは6割を貯蓄、4割を再投資というように、少し再投資にも振り分け、元手も増やしていこうと思っています。

タイトルとURLをコピーしました