公開挑戦企画第1弾(4.7チャン)「NO.002 さっそくフュートレックを購入」

公開挑戦企画第1弾(4.7チャン)

皆さま、こんにちは!自宅でネット株を運用しているせんせーです。

昨日、ポイントサイトから銀行経由で松井証券へと資金を流す手続きが完了してからスタートすると書きましたが、午前11時台に手続きが終わったため、本日からスタートすることにしました。

記念すべき最初に購入した銘柄ですが、音声認識関連のフュートレックという会社で、391円(100株)で購入しました。フュートレックは赤字であり、時価総額も40億ほどしかありません。

正直、手堅く確実に行くのであれば、大きく下落している東証一部の大型株を買うのもありかとは思うのですが、本日、同じく音声認識のアドバンストメディアが非接触関連&上方修正への期待などへの思惑からストップ高となり、その思惑がフュートレックにも流れてくるのではないかと思いもあり、思い切ってこの銘柄に飛び込んでみました。

ちなみにフュートレックは、2013年4月から保有しているそのアドバンストメディアのライバルとして長らく監視していた銘柄で、業績は大きく差が開きましたが、音声認識分野では2018年に韓国のSKグループとパートナーシップ契約をしたほか、2019年にもロボットのベンチャーのユカイ工学と業務提携しています。また、筆頭株主は2018年に資本提携した東証一部のグローリー株式会社で、保有率は40%近くにもなっており、今年初めのテーマでもあった親子上場解消銘柄としても期待できます。

音声認識以外でもデジタル教科書など、今後注目の教育ICT関連でもあるので、何か材料があれば大きく上昇するという可能性も秘めています。

チャートに関しては3月中旬の際には250円ぐらいまで下がっているので、もし二番底がきた場合にはそれぐらいまで下がるリスクはありますが、2006年に上場して以降のチャートを見る限りだと、500円から1000円ぐらいを頻繁に行き来しているので、今後の時代の流れを考えると、今の位置は決して悪い位置ではないのかなと思っています。状況によっては早い段階で手放してしまうこともありますが、とりあえず、フュートレックで様子を見ようと思います。

タイトルとURLをコピーしました