公開挑戦企画第2弾(15万円で始める株式投資!)「NO.004 AMIを利確してテリロジーとTOWを購入」

公開挑戦企画第2弾(15万円で始める株式投資!)

この企画への投稿は10月21日以来なので、久しぶりとなりますが、前回購入したと書いていたソフトバンクと三菱自動車は既に手放しており、その後はアドバンストメディア100株、バルクホールディングス100株、3Dマトリックス100株の三つの銘柄を保有していました。

ただ、本日そのうちのアドバンストメディア(AMI)を利確し、その代わりにセキュリティ関連銘柄のテリロジーを100株(買値508円)、展示会などのイベント企画・運営を手掛けるテー・オー・ダブリュー(TOW)を100株(買値285円)購入しました。

アドバンストメディアに関しては、本日が決算で、もともとは決算跨ぎをする予定で買っていたのですが、日本ラッドという銘柄の決算短信を読んでいると、医療機関向けの製品の商談が延期や中止になるといったことが書かれていたため、おそらくアドバンストメディアも粗利率の高い医療機関向けの製品が伸びず、あまり業績は良くないかもと思い、この企画で保有している分については、利確(売買差益+2,500円)をすることにしました。

ちなみにその決算ですが、やはり前年比で大幅な減益となり、PTSでも下落しているという状況です。ただ、通期の業績予想は変更しておらず、決算短信にも第3・4四半期は前期と比較し、売上高と営業利益の増大を見込んでいるとも書かれていたので、そこまで悲観することはない内容かなと私は思っています。

そもそも既に下落した状況で決算を迎えていますし、大幅な減益とはいえ、黒字は確保できています。また、もともとこの銘柄は下期に業績が伸びるのが特徴なので、むしろここから大きく下落するのであれば、またこの企画の中でも買ってもいいかなとさえ思っています。

さて、そのアドバンストメディアに代わって買った2銘柄ですが、テリロジーに関しては、決算も見据えて購入しました。ここもここ最近は下落が続いていましたが、前回の決算では前年同期比で減収ながらも増益となっており、減収の理由についてもネットワークモニタリング案件の売上計上が、第2四半期累計期間の為としています。そのため、今の時価総額であれば、決算跨ぎをしてもいいのではと思い、購入してみました。

一方のテー・オー・ダブリュー(TOW)は、今回が初めての購入となる銘柄で、まだあまりこの会社に関しての知識もないのですが、2020年6月期の業績をみても、コロナの影響がある期間が含まれているにも関わらず、利益を伸ばしていますし、今の時価総額や株価、チャートなども考えると、下値は限定的かなと判断しました。11月13日には第1四半期の決算発表がありますが、ここもそのまま決算跨ぎをするつもりです。

最後にこの企画での売買差損の状況ですが、SBI証券では当日の約定分が翌日に集計されるほか、買付余力も手数料が拘束されているようで、正確な状況は分かりませんが、プラスであることは間違いないです。

一応、現在確認できる時価評価額合計147,800円と手数料が引かれた買い付け余力3,964円を合計しても、15万円は超えています。米大統領選挙の結果がどうなるかという状況ではありますが、今後はもう少し頻繁に売買し、利益を積み重ねていければと思っています。下記は現在の持ち株の状況です。

タイトルとURLをコピーしました