万物流転(株式日記)「第5通 セールインメイで3対4のトレード」

万物流転(株式日記)

前回の日記で5月14~16日のあたりは毎年警戒すると書きましたが、案の定、本日持ち株が大幅下落しました(笑)。よくよく考えてみたら16日は土曜日なので、今日か明日しかなかったことに先ほど気がつきました。

さて、大幅下落の中で日経225銘柄として買っていたリコー、コニカミノルタ、東レの3銘柄ですが、本日手放し、この三つ合わせてほぼ0に等しい、-10円の損切りとなりました。

正直、長い目で見れば放っておいてもよかったのかもしれませんが、一応手放した理由を説明すると、リコーもコニカミノルタも複合機が主力です。ただ、私個人としてはデジタル化が進む中で複合機にはほとんど期待はしていません。それにも関わらず、この二銘柄を買っていた理由は、単純に月足のチャートがリーマンショック並みであることと、それ以外の分野への期待があったからでした。

リコーは3DプリンタやVR、そしてテレワーク関連の商品があるほか、先日にはPCRの精度をより高める機器も販売し、バイオ関連の事業も持っています。一方のコニカミノルタもIOTや5G、そしてテレワーク、さらにはパルスオキシメーターや遺伝子検査といった医療機器など、やはりどことなくリコーと似たような感じです。

ただ、もともとコニカミノルタはコロナ前から株価は下落しており、リコーも業績は不安定で、3月下旬に1000億円の営業利益の達成は見通せるとしていたにも関わらず、先日の決算では790億円とずいぶんと下回り、事前に下方修正も出ていませんでした。

こういった状況から、コニカミノルタは300円台、リコーも700円台でしばらく横横なのかなという感じでした。リコーに関しては昨日まで700円台後半で推移していたので、その辺まではすぐに戻るかもしれませんが、あまりこだわることもないかなと思い、手放しました。ただ、コニカミノルタはあまりにも安すぎるとどこかが買収とかしかけてくる可能性もあるのではと勝手に思っているので、そういった観点で持っていても面白いかもという思いもありました。

東レに関しては、今後防護服とかコロナに対応したものを作っていくようではありますが、本日ホームページでアジアの拠点をチェックしたところ、私の思っていた以上に中国に多くの工場があり、それだけ米中の貿易戦争の影響もより受けやすく、最終損益をみてもここ数年は右肩下がりなので、こちらもこだわることはないかなと思い、手放しました。

その代わりに買った銘柄については、いつも買っている理経100株(買値178円)、スポーツマスクで期待の昭和ホールディングス100株(買値48円)、遠隔医療関連で期待のCEホールディングス100株(買値425円)、そして昨日、せんせーのズバこれ!のコーナーで取り上げた正興電機製作所100株(買値857円)で、余った一部の資金はもとの口座へ送金しました。

本日の下げで今年の運用成績も一気にプラス分が減少しましたが、そう簡単にはいかないだろうとも思っていたので、必要であれば今回のように銘柄を入れ替えながら、最終的には黒字で今年を終わることができればと思っています。



 

タイトルとURLをコピーしました