配当利回り3%以上の銘柄限定投資(フェーズ1):NO.0004「コニカミノルタらを利確 他(ウイルテックを購入)」

配当利回り3%以上の銘柄限定投資(フェーズ1) 配当利回り3%以上の銘柄限定投資(フェーズ1)

皆さん、こんにちは。自宅でネット株のKOです。

本日ですが、先月中旬に買ってそのまま放置していたコニカミノルタ100株(売値551.4円)、りそなホールディングス100株(売値404.8円)、北洋銀行100株(売値229.1円)、三菱UFJリース100株(売値570.4円)の4銘柄を利確しました。

JVCケンウッド以外、全て利確したことになりますが、利確した理由は既に含み益がそれらの4銘柄で2万円を超えていたのと、さすがに本日の急騰で監視している銘柄の中でも、上髭を形成しそうな銘柄がチラホラみられたため、無難にいくことにしました。もちろん、まだまだ上昇する可能性もありますが、今回はこれで十分かなと思っています。

ちなみに4銘柄を売却して戻ってきた資金ですが、一度高配当銘柄であるソフトバンクにインしたのですが、ソフトバンクもここのところずっと上昇傾向であったため、すぐに微損で手放し、製造請負や製造派遣事業を展開しているウイルテックを100株(買値819円)買うことにしました。

ウイルテックはこれまでも何度か売買したことがあるのですが、昨年のコロナショックの時期に公募価格1,200円で上場し、業績はコロナの影響もあり、昨年11月の中間決算では減収減益となってはいますが、それでも黒字でかつ配当金も年間で24円の予想となっています。また、時価総額も約51億円で発行済み株式数も6百万株と少なめというこもあり、値動きも軽めです。

明後日が決算ということもあり、正直、そこからどう動くかは分かりませんが、最新の会社四季報にも5G対応で22年3月期は製造業派遣のニーズが拡大すると書かれているほか、IT技術者派遣会社を昨年12月に子会社化するなど、M&Aも積極的に行っているので、今後それが軌道に乗れば、配当金だけでなく、売買差益も十分に狙える可能性もあるかなと思っています。

さて、今回の売買により、現在当コーナーで保有しているのは、JVCケンウッドとウイルテックだけとなり、まだ9万円ほど資金が使える状況ではありますが、今回は相場が過熱しているので、すぐには使わず、少し様子を見ながら何を買うかを決めようと思っています。

本日の約定履歴

下記は本日の約定履歴です。本当は売買損益を掲載したいところではあるのですが、SBI証券は当日確認することができないようなので、約定履歴を掲載しています。

タイトルとURLをコピーしました