テーマ株×成長株×小型株投資(フェーズ1):NO.0048「全固体電池関連銘柄のカワタを初購入 他(9銘柄を利確)」

テーマ株×成長株×小型株投資(フェーズ1) テーマ株×成長株×小型株投資(フェーズ1)

皆さん、こんにちは。自宅でネット株のKOです。

本日ですが、マザーズ指数やJASDAQが若干軟調で、日経平均も一時マイナスに転じるなど、TOPIX以外はなんとも微妙な感じであったのと、今週はFOMCと日銀政策決定会合という大きなイベントも控えているため、デイトレードとなった新東工業を含め、一旦9銘柄を利確しました。

明日も上昇し、利確をする必要はなかったという状況になるかもしれませんが、やはりイベント前は慎重にかつ手堅く行きたいため、微益でも一旦利確をするという選択をしました。

ただ、利確したどの銘柄も、もともと中長期で期待をして買っていたので、イベントを無事に通過した後、あるいはイベント通過中や前後で下落するようなことがあった場合には買い直すつもりです。

なお、その一方で一気に9銘柄を利確したことから、保有している銘柄が少なくなり過ぎた為、今期の業績予想に対するPERが6.88倍のキョウデンを100株(買値324.6円)久しぶりに購入したほか、プラスチック成形に強みを持つカワタという銘柄を100株(買値900円)初めて購入してみました。

カワタを買った理由

カワタを購入した理由は、2019年5月に国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構「新エネルギー等のシーズ発掘・事業化に向けた技術研究開発事業」(全固体リチウムイオン電池の量産化に資する技術開発)の実施予定先として採択されるなど、全固体電池関連銘柄であることに本日気が付いたのと、1月下旬に発表された第3四半期の決算では、減収大幅減益となってはいるものの、通期の業績を黒字へと上方修正し、また既にその上方修正した数値を上回って着地していることから、さらなる上方修正も期待ができそうであったため、購入をしてみました。

時価総額は60億円台と小さいですし、ここ数年の最終損益も2018年3月期は9.09億円、2019年3月期は16.76億円、2020年3月期は10.63億円というように、コロナ前まではしっかりと数字を残していたことから、今後は業績の回復を見越して株価が上がってくる場面も、もしかしたら、あるのではないかなと思っています。

さらに、今月は期末配当(15円予定)と株主優待(クオカード500円)の権利が得られる月でもあるので、そこに向けた上昇にも期待をしています。

本日の売買損益

本日は全ての取引で売買差益を計上し、+8,830円となりました。

タイトルとURLをコピーしました