万物流転(株式日記)「第67通 ファーマフーズ上方修正&増配 他」

万物流転(株式日記)

勝負と書いていたファーマフーズですが、本日の後場が始まる直前に上方修正と増配のIRが出され、後場から急騰しました。その後は売り圧力が強まり、前回の決算の翌日のほどではないものの、上髭陽線となりましたが、増配もセットであったので、改めて業績の好調ぶりが確認できました。

ちなみには私は上方修正が本日出るとは思ってもいなかったため、ちょうど午前中に今月JACを利確して1,080円台で買い増しした100株分については、勝負と書きながらも、まさかの利確をしていました^^:;

ただ、昨日利確したセグエグループもそうですが、決して損をしたわけではないので、この現実は素直に受け入れています。なお、そのセグエグループは、結局、昨日の上髭陰線を食べていく展開となっており、本当にアセンテック並みに上昇する可能性もなきにしもあらずといった感じもしています。

さて、ファーマフーズに関しては、勝負と書いたものの、残りの400株はここで手放すつもりはないので、そのまま放置するつもりです。この抜群の業績に加えて、バイオ株の要素を持ち合わせ、さらには既に東証一部上場の条件もクリアできているはずなので、やはり私が現在保有している銘柄の中でもポテンシャルは頭一つ抜けていると思っています。

また、既に売上高では超えている北の達人の時価総額も、将来的には超えていくだろうとも思っています。前に今年の利回り30%を超えるのはファーマフーズ次第と書いてはいましたが、もっと先を見たいので今年は売却しない可能性すらあると思っています。この後に書く新しい銘柄の他、上昇中のアステリアなど、ポテンシャルを秘めている銘柄は他にも複数保有していると思っているので、ファーマフーズ抜きでの達成を目指そうと思っています。

なお、本日はファーマフーズ以外にも色々と売買をしました。昨日手放したアドバンストメディア100株は、結局932円で買い戻しました。また、結果的にデイトレードとなりましたが、新しく目を付けたエムケイシステムという銘柄を879円で100株購入後に907円で手放しました。エムケイシステムは事業内容がこれからの電子化の時代にマッチしそうと思ったのと、時価総額が50億円未満、業績も5年連続増収で黒字、コロナショック以降も何度も株価が1,000円を超えていたという点から、800円台なら買っても面白いだろうと判断して、インしてみました。もともとは中長期のつもりであったのですが、その後に一気に900円台に突入してきたため、そのまま利確しました。

その他にも、同じく新しく開拓した銘柄であるナレッジスイートを100株(買値759.9円)、同じく初めての購入となる藤倉コンポジットを100株(買値353円)購入しました。ナレッジスイートは、2006年に設立され、2017年12月に上場した新しい企業で、まだまだ業績も安定せず、フリーキャッシュフローもマイナス、利益剰余金もマイナス、配当もなしというマザーズ銘柄ならではという感じですが、中堅・中小企業向けに営業活動支援のクラウドサービスを提供しています。2012年にはKDDIと業務提携をしており、今でも「KDDI Knowledge Suite」としてOEM提供しているほか、会社四季報での販売先にはNECの名もあります。KDDIのような大手と業務提携している点は、新興株を買う際には安心材料にもなりますが、時価総額が約40億円であること、これからさらにDX時代へと本格的に突入していくことを踏まえると、株価と共に大いに飛躍する可能性を秘めていると思っています。

藤倉コンポジットは旧藤倉ゴムでフジクラ系ですが、買った理由はマグネシウム電池での一発狙いです(笑)。2017年には電池関連のニュースで4桁にも到達しています。最近はマグネシウム電池の話題はあまり聞きませんが、こういう静かな時に買って、騒ぎ出したら売るというのも、私のスタイルの一つなのでそれに期待をしているのと、チャートで見ても、3月のコロナショック時には320円前後で踏みとどまっており、今の350円台であれば、下値リスクもさほどないと見ています。また、その後の株価も380円を何度も超えていることを踏まえると、20~30円の上昇であればいつでもありえるとも思っています。あとは、一応、9月にゴルフクラブシャフト40%割引の優待割引券が2枚もらえる株主優待があります。私自身はゴルフ自体はしないので興味もありませんが、メルカリで出品できそうであれば、そこでの売却も考えています。

タイトルとURLをコピーしました