テーマ株×成長株×小型株投資(フェーズ1):NO.0135「久しぶりにアスカネットを購入 他」

テーマ株×成長株×小型株投資(フェーズ1) テーマ株×成長株×小型株投資(フェーズ1)

皆さん、こんにちは。KOです。

本日ですが、いつ以来かは覚えていませんが、久しぶりに空中ディスプレイ・非接触タッチパネル関連銘柄のアスカネットを100株(買値約835円)購入しました。

アスカネットを購入した理由は、ウィズコロナ、アフターコロナ時代で期待される空中ディスプレイ・非接触タッチパネルへの期待もありますが、同社の半分以上の売り上げ(前期基準)を占めているフォト事業は、ウェディングとも関わっていることから、緊急事態宣言が解除された本日以降、ウェディングの需要が高まり、同事業も回復していく可能性があると判断したためです。

先月13日に同社のウェブサイトで公表している「フォトウェンディング」に関するアンケートでも、コロナで結婚式をキャンセルした人の6割以上が、今後1年以内に結婚式・披露式を挙げる予定があるという回答結果が出ており、この数値からもアスカネットに限らずですが、ウェディング関連銘柄は要注目かなと思っています。

なお、指標面では割安感はない上、マザーズ銘柄でもあることから、アメリカの金利上昇局面の相場においては、逆風となる可能性もありますが、手堅い銘柄ばかり選ぶのも面白みに欠けるので、こういった成長株を買って、ワクワクしながら保有するのも一つの楽しみとしてありだとも思っています(すぐに手放す可能性もありますが^^;)。

チャートも2013年夏以降の月足チャートでは底値圏に位置していますし、直近1年間の中でも安値圏に位置しているので、この辺であれば、そんなにリスクはないのではとみています。

その一方で、中長期で期待をしていたアステナホールディングスは一旦利確をしました。アステナホールディングスは業績が右肩上がりであるのに加え、第82期中間報告書でも記載されているように、2030年まで右肩上がりで業績が伸びるような計画になっているので、数年後の株価が楽しみではあるのですが、日足チャートで見ると、昨日は安値引きで短期的にどうなるかが分からなかったため、朝一で一旦手放したという感じです。

ただ、アステナホールディングスへの期待は何一つ変わっておらず、今後も監視は続けていくので、またタイミングが合えば購入するつもりです。

あと、昨日再インしたと書いていたネクストジェンも利確→再イン→利確という感じで、一旦手放しました。大引けに1,092円で買いの指値を出してはいたのですが、あと1円及ばず、再々購入はできませんでした。

ネクストジェンを手放した理由は、本日の相場の中でも下げずにわずかながらプラスで推移し、資金を移動させることが可能な状況だったというのもありますが、相場が大きく下げるような局面においては、出来高が少なく、あまり動きがないネクストジェンを持ち続けるよりも、大きく下げている他の監視銘柄に資金を移し、株価の回復を待つ、あるいはちょこちょこデイトレードをしたほうが効率的であると判断ししたためです。

もちろん、ネクストジェンに材料が出れば、一気に上昇するという可能性もありますが、つい先日、材料が出たばかりでもあったので、早々出ないだろうとも判断しました。

ただ、大引けで買いの指値を出していたように、1,090円前後であれば、購入してもいい水準かなと思っているので、週明けの地合いにもよりますが、1,090円前後で買えそうであれば、またインしようかなと思っています。

本日の売買損益

本日の売買損益は+3,620円でした。なお、当コーナーの運用成績は上部にもある「今年の運用成績」に掲載しています。

タイトルとURLをコピーしました