公開挑戦企画第1弾(4.7チャン)「NO.011 天昇電気とJVCケンウッド購入(13連勝)」

公開挑戦企画第1弾(4.7チャン)

昨日、クリヤマホールディングスが利確できる状況であればするかもしれないと書いてましたが、実は昨日のPTS(夜の取引)で、売値547.5円で指しておいたところ、誰かが買ってくれて、わずかながらですが、利確ができました。

また、昨日のPTSでは、「月次前年データ(速報値)についてのお知らせ」で5月の売り上げがデリバリー事業、持ち帰り事業ともに増加していた小僧寿しを41.9円(100株)で買ったのですが、今日の朝一に42.6円(100株)で手放しました。

小僧寿しは前にも何度か保有したことがあり、応援する意味も込めて保有してもいいかなとも思ったのですが、既に急騰した後だったのと、売却後に「月次データのお知らせ」は既に昨日の場中の13時の時点で出ていたことにも気が付き、それと共に昨日の急騰で既に織り込んでいることにも気が付きました。そのことに気付いていれば昨日のPTSでは買っていませんでした。完全に私の見落としですが、とりあえず、なんとかプラスで利確できたのでよかったです。

さらに昨日のPTSでは、まだコロナショックから株価が戻し切れていない天昇電気という銘柄を100株(買値335円)購入しました。天昇電気は、前期の業績に関しては事前予想を上回る増収増益であり、医療廃棄物容器関連銘柄でもあります。本日終値基準での時価総額は約60億円で、PBRも1倍以下なので、3月初旬頃の400円ぐらいには戻ってもいいのではと思っています。

あと、本日については朝一でSEホールディングス&インキュベーションズという銘柄を100株(158円)買ったのですが、チャート的にはJVCケンウッドのほうが期待できそうだったので、やはり158.9円で手放し、JVCケンウッドを100株(買値185.5円)で購入しました。

かなりぎりぎりな感じではありましたが、なんとか連勝記録も13まで伸ばすことができました。今回買った2銘柄は、前述の通り、チャート上ではまだまだコロナショックから立ち直れていないのと、今後に期待できそうな事業内容も持っている両銘柄なので、少し長めに保有し、戻しの上昇に期待をしようかなと思っています。


【6月5日時点での47,000円の状況】
[日本株式保有額]53,750円(天昇電気100株、JVCケンウッド100株)
[残金]4,536円
[含み損益]+1,650円
[売買損益]税引前:+12,010円 税引後:約+9,571円
[勝敗]13勝0敗 ※100株ごとにカウントし利確は1勝、損切は1敗

タイトルとURLをコピーしました