公開挑戦企画第2弾(15万円で始める株式投資!)「NO.002 ヒューマンホールディングスを購入」

公開挑戦企画第2弾(15万円で始める株式投資!)

本日ですが、本企画として初の取引を行いました。ちなみに最初に買った銘柄は、アステリア100株(買値894.8円)でしたが、SBI証券で取引するのも初めてだったため、操作を確認するという意味も兼ねて、896円ですぐに利確しました。

その後は、ここのところ監視を続けていた人材派遣関連のヒューマンホールディングスを100株(買値708円)買いました。

正直、トランプ大統領が新型コロナウイルスで陽性となったこと、さらには米選挙まで残り1ヶ月を切っている状態なので、特に今日のような相場全体が上昇している時には無理して買う必要もないかなとも思ったのですが、ヒューマンホールディングスに関しては、日本政府が今月から全世界を対象に中長期の滞在者の入国を再開するという決定を下していたため、少し先を見据えて買いました。

ヒューマンホールディングスは8月7日の第1Qの決算で、通期の業績予想を発表していますが、同じ日に公開されている決算説明資料をみると、「本事業年度中は入国制限による影響が継続することを想定」もしくはそれに類ずる表現が計4回書かれています。もちろん、入国を再開したからといってすぐに業績に反映するものでもないとは思っていますが、それでも、やはりこのニュースは同社にとって大きいと思っています。もともと同社は、過去の修正のIRをみても、業績予想を保守的に出す傾向にあるようなので、今の時価総額であれば、アメリカの大統領選挙に関係なく、買ってもいいのかもと判断しました。

その他、日本人が生理学・医学の分野でノーベル賞を取った際に連れ高になるかもしれないという点からナノキャリアを100株(389.8円)買ったのですが、残念ながら日本人の受賞とはなりませんでした。そのため、先ほどPTSにて金額でいうとわずか80円ではありますが、損切りしました。ただ、アステリアで120円分の利益が出ているので、一応、トータルでみた場合には、本当にわずかですが、現在の売買損益は40円のプラスという状況です。

今年は残り2ヶ月を切っているため、本企画ではどこまで売買差益を伸ばせるか、あるいは売買差損を計上してしまうのか、現段階では自分自身でも全く分かりませんが、最低限プラスで終えることができればと思っています。

タイトルとURLをコピーしました