テーマ株×成長株×小型株投資(フェーズ1):NO.0004「EV関連銘柄としてマナックという銘柄を初購入 他」

テーマ株×成長株×小型株投資(フェーズ1) テーマ株×成長株×小型株投資(フェーズ1)

皆さん、こんにちは。自宅でネット株のKOです。

本日は、バリュー株や自動車を含めた脱炭素関連が上昇する中、新たにマナックという銘柄を100株(買値1,016円)初めて購入してみた他、これまで何度か売買しているバイオでワクチン関連のメディネットを100株(買値59.3円)、さらにはプレシジョン・システム・サイエンスを100株(買値987円)買い増ししました。ただ、プレシジョン・システム・サイエンスは1月5日に機関の空売りが2社も入っていたことに先ほど気付き、どうなるか分からないため、うち100株は夜のPTSで売り出し中です^^;。

その一方で、下落相場の中で、昨日出来高は少ないながらも十字線に近いチャートを形成していたファーマフーズが気になり、一度2,007円で購入(その後に上昇するも途中で下落に転じたため2,017円で利確)したのに伴い、その資金作りの中で、ユニプレスやテクノホライゾンを手放しました。その他、水素関連のNFKホールディングスをNISAで買いなおしました。

マナックを購入した理由

マナックはファインケミカル、難燃剤、ヘルスサポートの事業を展開している会社で、同社が扱っている抗ウイルス剤が絶好調であると最新の四季報には書かれています。時価総額は86億円で、株式発行済み総数も862.5万株程度ということもあり、値動きは軽めです。

なお、私がここを買った理由は抗ウイルス剤というよりも、難燃剤がEV車に今後使われていく可能性に期待をし、EV関連銘柄として購入しました。

同社の2019年の第74期株主通信(※別ウインドウでPDFにて表示)にも「EV車(電気自動車)への燃焼剤採用の動きについては、日本国内でまだ研究会で調査している段階ですが、中国などEV車先進国ではすでに採用が始まっている可能性もあります。EV車や高級家電などでは、当社の価格帯の高い燃焼剤も使えるようになるかもしれませんね。※p.5より一部引用」と書かれており、今後に期待がもてます。

昨年11月の決算は減収増益で、次の日の株価は窓を開けて大きく下落したようですが、業績自体は悪くないですし、その時は今ほどEV関連銘柄が注目されてはおらず、コロナも現在のような状況ではなかったため、今後EVもしくはコロナ関連として上昇することがあっても不思議ではないとも思っています。いつまで保有するかは分かりませんが、今後に期待をしています。

本日の売買損益

ファーマフーズのデイトレード、銘柄の入れ替え、さらにはNFKホールディングスをNISAで買いなおした結果、+2,500円ほどのプラスとなりました。

タイトルとURLをコピーしました