テーマ株×成長株×小型株投資(フェーズ1):NO.0074「久しぶりにアルプスアルパイン購入 他(ひろぎんと東京汽船は損切り)」

テーマ株×成長株×小型株投資(フェーズ1) テーマ株×成長株×小型株投資(フェーズ1)

皆さん、こんにちは。自宅でネット株のKOです。

本日ですが、相場全体が下げる中、優待狙いで購入して含み損となっていたひろぎんと、あまりにも出来高が少なすぎて動きがなかった東京汽船を損切りし、久々にアルプスアルパイン(買値1,274.8円)を購入しました。

久しぶりに一日のトータルでは損失(約1.5万円)を計上しましたが、私の場合は相場全体が下げた時には、塩漬け状態になっている銘柄と、多くの監視銘柄とを比較(下落幅、テーマ性など)し、どちらが先に株価を戻す可能性があるかを天秤にかけて対応しているため、今回はそのチャンスが来たという感じで入れ替えました。

東京汽船に関してはコロナショック前の水準に戻していないため、そのまま放置したい気持ちもあったのですが、前述の通り、日々の出来高が少なすぎて買値を上回る日がいつ来るのやらという状況であったため、損切りをしました。

ひろぎんに関しては、銀行株ブームが去ったことから、しばらく上昇が見込めないかなと思い、前々から相場全体が下がった時には、他の銘柄に乗り換えようと思っていたため、その通りに手放したという感じです。

入れ替えたアルプスアルパインは、4月6日に特別損失を計上し、最終損益に関しては、前期の業績予想を赤字へと下方修正をしてはいますが、それ以外の部分では上方修正しており、また、もともと株価も頻繁に1,400円は超えてくる銘柄なので、損切りした2銘柄を持ち続けるよりも、値を戻す可能性があるのではと判断しました。

また、売上高の多くもワクチン接種が進んでいる海外であることから、日本のワクチン接種の遅れや第4波の影響も受けにくいのではないかなと思っています。

今後の地合いによっては、さらに下落するというリスクも当然ありますが、株価1,400円~1,500円ぐらいをターゲットに売買しながら中長期視点で見守るつもりです。

本日の売買損益

本日は前述の通り、損切りを決行したことから売買差損を計上し、-15,320円となりました。なお、当コーナーの運用成績は上部にもある「今年の運用成績」に掲載しています。

タイトルとURLをコピーしました