テーマ株×成長株×小型株投資(フェーズ1):NO.0132「久しぶりにノーベル賞相場も見据えてスリー・ディー・マトリックスに再イン 他」

テーマ株×成長株×小型株投資(フェーズ1) テーマ株×成長株×小型株投資(フェーズ1)

皆さん、こんにちは。KOです。

9月21日以来のアップとなりますが、本日、久しぶりにスリー・ディー・マトリックスを売買し、デイトレード後にそのまま持ち越しました。

スリー・ディー・マトリックスに再インした理由は、タイトルにも書いている通り、ノーベル賞相場でのひと盛り上がりに期待をしてみたかったのと、ここ数日間、出来高が増加しており、ちょっと面白そうかなと判断したためです。

本日の16時にピュアスタット関連の東証適時開示も出ていますが、バイオ銘柄は突然、ひと相場来ることもあるので、今後の展開に期待をしています。

なお、YOUTUBEの配信休止前のラストにアップした動画「2021年4月期通期の決算と最新の中期経営計画からみる「3Dマトリックスの今後」~第二のシンバイオ製薬になれたのか~(2021年6月14日版)」でも話したように、同社が中期経営計画で計画している数値に関しては、2013年以降だけみても、全くの未達という状況が長らく続いているので、全く期待はしていません。

ただ、株価はそういったことに関係なく、上昇するときは上昇するので、とりあえずノーベル賞の発表日当日ぐらいまでは、細かいことは気にせず、様子をみながら保有をしようかなと考えています。

あと、アップしていなかった9月22日から24日の間ですが、相場が大きく変動する中、低迷していた一部の銘柄を損切りし、その代わりに前にも一時期に保有していたアステナホールディングスなど、新たな銘柄を購入して、入れ替えを決行しました。

アステナホールディングスはパワー半導体関連として購入しましたが、最新の四季報を見ても分かるように、コロナの治療薬関連でもありますし、業績に関しても通期の予想に対する進捗は良好で、予想PERも11倍台であることから、材料と業績の両面で期待ができるかなと思っています。

いつまで保有するかは分かりませんが、中長期も視野に入れてみていきたいと考えています。

本日&9月22日~24日の売買損益

本日の売買損益は+4,755円でした。一方、9月22日~24日の売買損益は-8,715円でした。なお、当コーナーの運用成績は上部にもある「今年の運用成績」に掲載しています。

タイトルとURLをコピーしました