米国株に挑戦!Yes,We Can!「NO.004 PCTI、SOLOなど6銘柄を利確」

米国株に挑戦!Yes,We Can!

現地時間11月13日付での取引の話ですが、PCTI、SOLO、RADA、RIOT、AMKR、ALTの計6銘柄を利確しました。利確した理由は、昨日書いた通り、先日損切りした分を取り戻し、まずはスタート地点に戻ることにしたためです。

今回利確したことにより、トータルでの実現損益も+3.48ドルと逆にプラスに転換し、一応、どうでもよい含み益に関しても現時点で+3.40ドルとなり、これで完全にスタート地点には戻っているという状況です。

正直、私が米国株を始めた今週の頭頃は、ワクチンのニュースで一気に米国株が上昇していた状況であったため、逆張りスタイルの私にとっては非常に入りにくさを感じていました。

ただ、それでもちょうどスタートで買い方がよく分からず、手間取っているうちに少し上昇が落ち着き、そうした中で買ってはいたので、高値掴みになるようなことはありませんでした。もし、買い方に手間取っていなければ、早く米国株を始めたいという気持ちが勝り、若干高値掴みになっていた可能性もあったので、ある意味で助かりました(笑)。

さて、今後の運用についてですが、今回のように基本はどんどん利確をして利益を積み重ねていくという方針でいます。ただ、その一方で、米国株を長期視点で楽しむという観点から、日本株と同様に年跨ぎで保有するような長期保有枠も少し設け、軸となる銘柄も決めてもいいのかなとも思っています。

一応、今のところ長期枠としては、バイオ関連で大化け狙いのALIM、業績が右肩上がりで手堅そうなCCOI、クリーンエネルギー・燃料電池関連(バイデン銘柄)で期待のBE、先日の決算で下落はしたものの健康保険関連(バイデン銘柄)で期待のCCOI、シンバイオ絡みのCRMXとONTX、DX関連のMGICを考えてはいます。

本当は17年ほど前に1ヶ月ほどトロントへ語学留学していたこともあったので、トロントの名前がつく銘柄が欲しくて、トロント・ドミニオン銀行(TD)も買う気満々で予算も組んでいたのですが、ダウが大きく上昇した際に、一気に窓を開けて上昇してしまったため、見送りました。冷静になってみると、事業内容が銀行であることから、保有していてもワクワク感はないので、おそらく今後も買うことはないのかと思っています(笑)。

とりあえず、先に長期保有を検討している銘柄を挙げてはみたものの、今のままだと知っている銘柄があまりにも少なすぎて、選択肢もあまりない状況なので、今日の夜と明日で少し時間をとり、期待できる事業内容+チャートが下がっていて、いつ反転してもおかしくなさそうな銘柄を中心に、色々と探してみようかなと思っています。

タイトルとURLをコピーしました