米国株に挑戦!Yes,We Can!「NO.013 着々と買い増ししていたKNDIがまさかの粉飾疑惑で大幅下落(苦笑)」

米国株投資Yes,We Can(フェーズ1)

着々と買い増ししていたKNDIですが、空売り投資家集団のヒンデンブルグ・リサーチから粉飾決算疑惑(https://hindenburgresearch.com/kandi/)が出され、株価が大幅に下落しました。ヒンデンブルグ・リサーチは、今年の9月にも同じく電気自動車関連銘柄である二コラに対し、大手自動車メーカーと技術面において虚偽の報告をしたと指摘して話題になりましたが、そのヒンデンブルグ砲が今度はKNDIに直撃した格好です。

なお、KNDIの株価はこの報告が出た後も、11ドル前後で推移していたのですが、他の電気自動車関連も下落していたことから、そこまで気にせずに、そのまま放置して寝たのですが、朝起きたら9ドル台まで下落していました^^:;。

現在、KNDIは13.3768ドル平均で16株保有をしていますが、正直、どうしようか迷っています。結局、二コラはその後、二コラの創業者の会長が辞任しただけでなく、GMとの資本提携も現地時間の11月30日(昨晩)に撤回となりました。

こういった状況を踏まえると、中国のKNDIは損切りして、カナダのSOLOやアメリカのWKHSあたりにその資金を充てた方がいいかなと思っています。

一応、昨晩はSOLOを2株手放し、連勝記録も85まで伸ばし、売買損益も+66.29ドルとなっていたのですが、一気に含み損が-73.90ドルとなり、実質の運用成績がマイナスへと転落してしまいました。

電気自動車関連が崩れた場合にこうなることは分かってはいましたが、KNDIの粉飾決算疑惑は当然ながら、全くの想定外でした。

やはり株は、こういうことが起きた場合に備えるという意味でも分散投資が改めて重要だと感じました。確かに一つの銘柄に集中させた方が、一気に資産を増やせる可能性もあるので、魅力的ではあるのですが、今後はあまり一つの銘柄に集中させることがないように気を付けようと思っています。

おそらく今晩で連勝記録は85でストップすることになりそうですが、米国株は趣味なので、またコツコツと楽しみながら売買していきたいと思います。


※以下は現地時間11月30日の利確一覧です。

タイトルとURLをコピーしました