テーマ株×成長株×小型株投資(フェーズ1):NO.0005「久しぶりにファーマフーズを買い増しして持越し 他」

テーマ株×成長株×小型株投資(フェーズ1) テーマ株×成長株×小型株投資(フェーズ1)

皆さん、こんにちは。自宅でネット株のKOです。

本日、日経平均が大幅上昇する中、逆行安となっていたファーマフーズを急遽100株(買値1,895円)購入し、そのまま持ち越したほか、既に100株保有しているアステリアも100株(買値1,019円)買い増ししました。

なお、ファーマフーズとアステリアを購入するにあたり、昨日買ったばかりのマナックとメディネット、それぞれ200株保有していたプレシジョン・システム・サイエンスとバルクホールディングスを共に100株(バルクはNISA分)ずつ手放しました。

また、NISAで200株保有していた美容&韓国関連銘柄のトレンダーズも、慰安婦問題で日本政府が敗訴するという判決がソウルで出たことに伴い、日韓関係がより一層不透明となったのに加え、緊急事態宣言が仮に他の地域にも広がった場合、外出減少で化粧や美容関連にも影響がでる可能性もあることから、念のため、うち100株は手放すことにしました。

ファーマフーズを買い増しした理由

ファーマフーズは既に半永久的に放置するつもりの100株(買値500円台)をNISAで保有していますが、今回はNISAではなく、特定口座で買い増しました。

ファーマフーズを買い増しした理由は、前に3,300円台で手放して以降、長らく下落を続け、現在の株価は上方修正が出る前以下の水準となっているほか、予想PERも30倍台、時価総額も550億円まで減少していることから、さすがにそろそろインしてもいい頃かなと判断しました。

ただ、チャート上でははっきりとした底入れのサインはみられていないため、まだ下落するというリスクもあります。しかも、前回の上方修正にここまでコロナが拡大することを見込んでいたのかも不明です。確かに昨年はコロナ禍であってもその影響を受けずに業績を伸ばしましたが、感染者の数が昨年とは大きく異なっており、本当にコロナの影響を受けずに、上方修正の数値を達成できるかも不明な状況です。

そのため、そこそこ利益が得られた場合には利確をしてしまう可能性もありますが、非常に相性はいい銘柄なので、これまで下がり続けている分、地合いに関係なく、上昇してくれることに期待をしています。

アステリアを買い増しした理由

アステリアは、AI・IOT・DX・ブロックチェーンなど様々な材料を持つテーマ株ですが、今回は、コロナの影響がまだまだ続きそうな状況の為、オンライン株主総会銘柄として再び注目が集まることに期待をして買い増ししました。

2020年11月19日付の日本経済新聞の「株主総会の完全オンライン化 解禁検討」という記事でも報じられているように、政府は2021年中に完全オンライン化を解禁することを念頭においています。

株主総会は日本では3月に本決算を迎えることが多いことから、毎年6月に多くの企業で開かれますが、12月に本決算を迎え、3月に株主総会を開く企業も結構あります。今のコロナの状況を考えると、いち早く完全オンライン化を解禁する必要があると考えられ、その期待を込めて買い増ししました。

アステリアは、コロナ禍でもしっかりと業績を残している会社でもあるので、今後の展開に期待をしています。

本日の売買損益

マナックとメディネットでは損失を出しましたが、他の銘柄では利益が出たため、トータルでは+3,680円のプラスとなりました。

タイトルとURLをコピーしました